« ゼロ年代の総決算的な作品 | トップページ | 今度こそ見納め »

2018年6月13日 (水)

神話のモチーフを映画に取りいれる

ジョセフ・キャンベル、ビル・モイヤーズ「神話の力」(飛田茂雄/訳、早川書房)を読む。キャンベルとモイヤーズとの対談集。

文中、映画「スターウォーズ」についても言及される。ジョージ・ルーカスは神話学の知識を援用したのである。それはいいのだが、現在、「スターウォーズ」シリーズは現在次世代の造り手によって製作されている。彼らもまた神話の要素を映画に取りいれるのか、それともただスターウォーズを観て育った世代であるというだけのことであるのかは現段階では判断し難い。

|

« ゼロ年代の総決算的な作品 | トップページ | 今度こそ見納め »

ちょっと古めの作品」カテゴリの記事

特撮・SFX」カテゴリの記事

スターウォーズ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼロ年代の総決算的な作品 | トップページ | 今度こそ見納め »